スポンサーリンク

OriginでSiegeをインストールしようとしたらエラーが出る&使用しているゲーミングPCについて

Siegeを購入したがエラー

OriginでSiegeを購入。

ダウンロードが進んだ段階でUPlayのインストール段階でのエラー

the procedure entry point cef_get_geolocation could not be located in the dynamic link library libcef.dll

調べたところ

UPlayのアンインストール

UPlayPCの再インストールで解決するとのことだがうまくいかず

ひとまず、UPlayをWindowsのメニューからアンインストール

Ubisoft Connectというものをインストール

そもそもUPlayがUbisoft connectというものに変わっているようなので、そちらをインストールしたらそのUbisoft ConnectのほうでもSiegeをインストールしてる

OriginとUbisoft Connectとでダブルでインストールされているのかもしれない…

もしかしたら事前にUPlayをアンインストールしていたらこのへんの連携が上手くいっていたのかなとも思ったり…

結局一からやり直してみた

結局Ubisoft ConnectのほうでSiege自体も再ダウンロードしてやっと立ち上げることが出来ました…

Siegeをやってみて

Siegeなかなかおもしろいですね笑

使用しているゲーミングPCについて

Lenovo Legion Y530

使用しているゲーミングPCはLenovoのLEGIONシリーズのノートでY530というモデルを使用しています。

Legionですがレギオンという発音のようです。

購入時期について

Lenovo直販サイトでのセールで11万ぐらいで2年前の2019年夏に購入しました。色々とリサーチしたのですが、直販サイトのセールで購入するのが一番お得でした。

 

箱がとてもかっこいいです。

ノートのゲーミングPCということでかなりごついです。

セットアップ中の画像です。このY530というモデルはキーボードが英語配列というものになっていて、セットアップするときに日本語でも使えるように設定が必要です。

購入したきっかけ

たまたま見た本間ひまわりちゃんのApex配信がとてもおもしろくてやってみたくなったためです。

Y530のスペックについて

スペックが

  • CPU Core i7
  • メモリー 8GB (16GBに増設して使用しています)
  • HDD 1TBとOptaneメモリ16GB
  • グラフィックボード Geforce GTX1060 6GB

ゲーミングノートということで、モニターが144Hzです。

Optaneメモリーというのがよくわからないのですが、起動など早くするメモリになっているようです。

現在の価格について

調べてみたのですが、今なら楽天市場で8万弱で販売しているお店がありました。メーカーリファビュッシュ品ということですが、これはかなりお得だと思います

Lenovo ゲーミングノート Legion Y530 Core i7-8750H/メモリ8GB/HDD1TB+Optaneメモリ16GB/GTX1060/15.6型IPSフルHD液晶/Windows 10/保証有【メーカーリファビッシュ品】

現在でも楽天で調べた限りでは価格が12万円台となっているようです。

2年前の話ではありますが、グラフィックボードがGeforce GTX1060でノートでとなると12万円以上するゲーミングノートPCがほとんどでそんな中セールでかなり安く購入出来たのでお得でした。

メモリの増設

仕事と兼用ということもあり、メモリを後から増設して16GBにしています。ゲームで使用することを考えるとあればあっただけよいということになるのですが、そこまでのゲーマーでもないのでひとまず足りなくなったらまた考えるというやり方にしています笑

購入したメモリはこちらです。

PC4-21300(DDR4-2666) という形式でもともと8GBのメモリが1枚刺してあったので、もう1枚購入して16GBにしています。

ゲームが明らかに早くなったかどうかはあまり実感がないのですが、仕事をしている際に色々なアプリケーションを立ち上げても動作が遅くなったりしないので、快適です。

Lenovo商品セール情報

Lenovo LEGIONで購入を考えている人はこちらの記事も参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました