現在AssetStoreセール開催中! Fantasy Save up to 95%

Unityでゲーム制作するときに便利なアセット紹介【ビジュアルスクリプティング】

Unity
UnityUnity Asset Store アセット紹介

Unity Asset Store ビジュアルスクリプティングアセットの紹介

Unityでゲームを作る際には基本的にコードを書かないといけません。

C#という言語を利用してコーディングをしていくのですが、コーディング経験がない人でも便利なアセットを利用してゲームを作ることが可能です。

以下のページではどのようなアセットを利用するとコーディングをすることなくゲーム制作が可能になるか説明しています。

ビジュアルスクリプティングとは、コーディングをせずブロックとブロックを繋ぐことによってプログラミングをするやり方です。

コーディング経験がない人におすすめのアセットベスト3

Boltによるビジュアルスクリプティング

いくつかそのようなビジュアルスクリプティングの機能があるアセットがあるのですが、Unityには無料でBoltというアセットがあります。

基本的なゲームを制作することでBoltを使用したビジュアルスクリプティングの学習が出来ますので、最初はこのアセットを試してみてはいかがでしょうか。

ノードを繋いでいく方法で視覚的にプログラミングをすることが可能です。

Playmakerによるビジュアルスクリプティング

こちらもビジュアルスクリプティングが可能になるアセットです。

Playmakerは、視覚的なプログラミングをサポートするUnityの拡張ツールです。このツールを使用すると、コーディングを行わずにゲームやアプリケーションのロジックや挙動を設定できます。グラフィカルなエディタで状態マシンを構築し、直感的な方法でゲームの挙動を制御できます。

Playmakerの使用法

以下のページにPlaymakerの使用法が掲載されています。

StylyはVR/ARプラットフォームサービスでサービス内でPlaymakerが利用出来ます。

Adventure Createrによるビジュアルスクリプティング

2D,2.5D,3Dのアドベンチャーゲームを制作することが出来るアセット

Adventure Creatorは、ポイントアンドクリック冒険ゲームを制作するための包括的なツールキットです。このツールキットを使用すると、物語の進行やキャラクターの対話、パズルの設計などを直感的かつ効率的に行うことができます。非常に柔軟で拡張性があり、様々な冒険ゲームの制作に利用されています。

Boltは無料のアセットで、他の2つは有料となります。
タイトルとURLをコピーしました