スポンサーリンク

MMDとUnityをどう勉強するか?Unityの学習にはUdemyが一番分かりやすかった件

Unityの学習方法編

数年前からUnityをいじりはじめてました。

今現在の自分のプログラミングスキルとしては

Flashのプログラミングを少し出来る(Action Script)

なんとなくプログラムの仕組みを分かっている(つもり)

ぐらいです。

あとはFlashの仕事をやってるときにいじったjava scriptとかそれぐらいです。

今の勉強法を紹介したいと思います。

UnityでMMDモデルを読み込んでぐりぐりしたいために模索する

MMDの使い方についてはこちらの記事に書いていますのでご参考にしてください。インストールから起動までの基本的なところになっています。

Unityを書籍で勉強

Unity公式ページのチュートリアルをやってみたりしたのですが、途中で挫折…というか作りながらエラーが出ると聞く人がいなくどこがエラーになってるのか分からないのでその場で終了してしまうんですよね…( ̄▽ ̄;)

本もいくつか購入してみたのですが、同じような状況で一向に進まず…なかなか難しいなと思いつつ諦めずに本を購入しては挫折する日々が続いていました、笑

実際に購入して勉強した本がこちらです。

 

Unityをオンラインで勉強

そんな状況の中、Udemyというオンライン講習が可能なサイトでUnityのコース がセールになっていたので、思い切っていくつか購入してみたのですが、これがまた分かりやすい!!!

Online Courses - Learn Anything, On Your Schedule | Udemy
Udemy is an online learning and teaching marketplace with over 204,000 courses and 54 million students. Learn programming, marketing, data science and more.

セールだとUnityのベーシックコース が定価が2万円ぐらいのが90%オフで1,800円になっていたりします。

Udemyをやってみて感じたこと

・映像なので情報量が多い

・セールをやっているとかなり安い

やっぱり映像だと情報量が多いんですよね、細かいところまで説明してくれると分かりやすい。

基本的にYoutubeのような映像を見ながら進めるので、戻ったり早送りしたりが自由にできます。

合う人合わない人いると思いますが、自分は結構面白く勉強しています。

Unityでキャラクターの動くアニメーションを作って、地面を歩いたり、ジャンプの仕組みや、カメラの動きなどをやっているところです。

番外編 ゲームが作れるなら配信すべき

スマホのゲームなどの広告を扱っている会社に通っている友人に話してみたところ、

ゲームを作れるんであれば作ってみるべき、今はどんなくだらないゲームでもヒットする場合がある

という話をされたことがあって、スキルがあるなら作ってみるべきだなと思いまして。

今ってそういう世界なんだなと。

なかなか夢のある世界ですよね、というかそういう同人ゲームとか個人でゲームを作っている人たちが地方で食べていけたらそれは結構面白い世界になると思います。

というわけで、ゆくゆくはゲームアプリとか作って配信するところまで行きたいと思っています(‘ω’)ノ

そのまえにざっくりとUnityを使えるようにならんとな…

タイトルとURLをコピーしました