クラウドソーシングサイト初心者が仕事をGETするための第1歩について

副業
副業
  1. クラウドソーシングサイトで仕事を受注するために何をすればいいか
    1. 代表的なクラウドソーシングサービスサイトについて
      1. クラウドソーシングとは?
        1. オンライン上で仕事やタスクを分散的に複数の人々や団体にアウトソーシング
    2. 日本の代表的なクラウドソーシングサイトについて
      1. ランサーズ
      2. クラウドワークス
        1. フリーランスにとってなくてはならないサービス
    3. しかしクラウドソーシングサイトでは最初は仕事を得るのが難しい、それはなぜか?
      1. それはなぜか?
      2. プロフィールページでの表示が実際どう見えるのか
    4. どうやって定期的に仕事を受注することに成功したか
      1. 自分が出来ることを見極めてニッチなところを攻める
        1. 他の人があまりやっていない仕事が出来るオンリーワンの存在へ
      2. 他の人よりも出来るというスキルを確認する
        1. 自分の好きなテイストに集中する
      3. 時給を高めに設定してみる
      4. ポートフォリオなどすぐに見せられるものを用意しておく
        1. Portfoliobox
        2. Adobe Portfolio
      5. 気になったところは自分からコンタクトしてみる
    5. リモートワークが一般的になってきた今はクラウドソーシングにチャレンジしやすい
      1. コロナ禍を経てリモートワークが一般的になった
    6. 地方在住者にとってはかなりオススメ!
      1. どこでも仕事が可能な世の中になった
      2. ランサーズ
      3. クラウドワークス

クラウドソーシングサイトで仕事を受注するために何をすればいいか

代表的なクラウドソーシングサービスサイトについて

今や多くのサイトが存在しているクラウドソーシングサイト。

クラウドソーシングとは?

まず初めにちなみにクラウドソーシングとはどういうことでしょうか?

クラウドソーシング(Cloud Sourcing)とは、オンライン上で仕事やタスクを分散的に複数の人々や団体にアウトソーシングする手法
という仕事の進め方のことですね。
オンライン上で仕事やタスクを分散的に複数の人々や団体にアウトソーシング
オンライン上で仕事をアウトソーシングして作業を行うことですね。

日本の代表的なクラウドソーシングサイトについて

日本のクラウドソーシングサイトの代表といえるのが ランサーズ クラウドワークス ですね。

ランサーズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

クラウドワークス

ちなみに管理人は両方登録しています。

フリーランスにとってなくてはならないサービス

ランサーズ、クラウドワークス共に何度も受注していて、地方で仕事をするにあたってなくてはならないものとなっています。

管理人は2024年2月現在両方のサービスで定期的に仕事を受注しています、本当になくてはならないサービスです!笑

しかしクラウドソーシングサイトでは最初は仕事を得るのが難しい、それはなぜか?

しかし、最初の1~2年は仕事に繋がらない時期が続いていました。

それはなぜか?

受注した数がプロフィールに表示されるので、すでに受注数が多いワーカーさんへ仕事が受注される可能性が高くなるため

このような理由があるからだと思います。

やはり発注する側からすると経験をこなしてる人に頼みたくなるのは普通だと思います。

プロフィールページでの表示が実際どう見えるのか

  • クラウドワークスの場合

  • ランサーズの場合

ランサーズはパソコンのブラウザで見ると横長の表示になっていますね。

このように表示されます。こちらは管理人の現在の受注実績と総合評価になります。

もちろん最初はゼロでした(笑)

その状態からどうやって定期的に仕事を受注することに成功したかをご紹介します。

どうやって定期的に仕事を受注することに成功したか

自分が出来ることを見極めてニッチなところを攻める

他の人があまりやっていない仕事が出来るオンリーワンの存在へ
ナンバーワンよりもオンリーワンです

ちなみに自分はFlashというソフトをしばらくやっていた経験を生かしてゲームのアニメーションの仕事をクラウドワークスで受注してからだんだんと受注数を伸ばしました。

他の人よりも出来るというスキルを確認する

そのような他の人よりも出来るというスキルを確認してそこを自分の売りにしていくことが大事だと思います。

自分の好きなテイストに集中する

例えばイラストでも、どのようなテイストでも書けます!よりも自分の好きなテイストのイラストを売りにすることで、そのようなイラストが欲しいゲーム会社などからは好まれると思います。

自分のテイストを売りつつ、色んなテイストのイラストも書けるということでより必要とされるかもしれません。

時給を高めに設定してみる

こちらも自分のスキルを売ることに繋がるのですが、同じくらいの時給の人に比べて何かプラスなことがあれば、そのスキルを売りにしつつ時給をあげていいと思います。

ちなみに自分は時給5,000円程度の設定にしています。

実際にその価格で受注するかは別としてそれぐらいのスキルはありますよということをアピールすることができるので、仕事の受注に繋がるかと思います。

ポートフォリオなどすぐに見せられるものを用意しておく

これは大事ですね。

自分のウェブサイトやポートフォリオサイトなどを利用して作品を準備、公開しておくことが受注につながると思います。

また、こういったポートフォリオを作れるサイトもあるので利用してみるのもよいと思います。

両方とも無料で利用できるサービスです。

また、問い合わせがあった際に送れるようなデータを用意しておくことも大事です。

Portfoliobox
クリエイターのためのオンラインポートフォリオ
自分だけのオリジナルなオンラインポートフォリオを作成できるクリエイター向けウェブサイトビルダー。プロ仕様で直感的なサイトを作成してクライアントの印象に。
Adobe Portfolio
Adobe Portfolio
Quickly and simply build a personalized website to showcase your creative work with Adobe Portfolio. Now included free with any Creative Cloud subscription.

こちらはAdobeが提供しているポートフォリオ制作サイトです。Adobe CCを利用いている方は無料で利用が可能です。

気になったところは自分からコンタクトしてみる

募集していないところへも気になる仕事やどうしてもやってみたい仕事を以前に募集したところを見つけたらメッセで連絡してみる。

連絡を待っているのではなく、気になったところへはこちらから連絡してみるのもアリかと思います。

あまり制作者がいない職種の場合には逆にありがたがられることもあります。

リモートワークが一般的になってきた今はクラウドソーシングにチャレンジしやすい

コロナ禍を経てリモートワークが一般的になった

最初は難しいことが多いかもしれませんが、リモートが一般的になってきた世の中で何事もチャレンジすることは大事かと思います。

言葉はかなり悪いですが、2020年からのコロナウイルス感染症でリモートワークが一般的になったことが、リモートワーカーにとってとても追い風になりました。

自分の知り合いも通勤からリモートになり、2023年現在も自宅で仕事をしています。

地方在住者にとってはかなりオススメ!

どこでも仕事が可能な世の中になった

リモートワークが一般的になったことで、首都圏も地方も関係なくパソコンで通信が可能なところであればどこでも仕事が出来る世の中になりました。

地方在住だから仕事がないという世界が数年で変化したと感じています。

ランサーズ クラウドワークス などクラウドソーシングサイトは登録は無料になっているので、ぜひチャレンジしてみてください!

ランサーズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

クラウドワークス

 

タイトルとURLをコピーしました